スリッパの歴史


日本のスリッパの歴史

  現在、日本で使用されているスリッパは、欧州で使用されているスリッパー(クツ、サンダル、スタイル)とは
 異なった日本独特の文化体系を持っています。

  そもそも、日本人は畳を中心とした住居生活を営み、靴を脱いで部屋に上がる習慣があり、
 現在でもその習慣は私たち日本人に深く根付いています。

  日本型のスリッパが誕生したのは、江戸時代の終わりから明治時代の初めと言われています。
 鎖国時代の終息とともに多くの外国人が日本に渡来してきました。
 その頃の日本には、西洋にあるようなホテルは当然無く、外国人は旅篭や神社等に泊まる事になります。
 その際、靴を脱いで部屋に上がる文化のない外国人は、靴のまま座敷に上がろうとするので、
 トラブルが絶えなかったようです。
  そこで考え出されたのが、外国人向けのスリッパです。
 
東京八重洲に住む仕立て職人の徳野利三郎が試行錯誤した末に出来たのが、
 靴の上から履ける履物「スリッパ」を考案したのが、
日本独特のスリッパの原型と言われています。

  明治、大正、昭和、平成と時代は変わり、使用する素材も変化してきましたが、「左右無し」「平面底」と
 基本形はあまり変わっていません。
 この形が日本人に一番適していることが、フローリングが全盛を占める現在の住宅事情にも
 適合していることからもうかがえます。

復元した日本初渡来時の
シーボルトのスリッパ

福沢諭吉が「西洋衣食住」で紹介した
上沓

東北地方のスリッパに似た   
つまかけ草履

 

>>トップページ  >>組合概要  >>組合員の紹介  >>賛助会員の紹介  >>スリッパの歴史  
>>スリッパの種類  >>スリッパが出来るまで

東京スリッパ工業協同組合

copyright(c)2013. Tokyo Slippers Indusry Gooperative Society All Rights Reserved